2022年11月15日

「第1回 未来の農業を考える勉強会」を開催

「第1回 未来の農業を考える勉強会」を開催

各地の活性化の事業に取り組んでいる青山社中ですが、荒廃する地域・廃れ行く農村を見つつ、同時に可能性も感じています。そんな中、青山社中主催で、新しい農業を考える勉強会を立ち上げました(担当:朝比奈・藤代)。

朝比奈が敬愛するソフトバンク・プレイヤーズの藤井社長と相談させて頂きつつ(幹事社代表)、農業に強い関心をお持ちの与党の期待の若手議員の皆さま(柿沢未途先生、武部新先生、田畑裕明先生、本田太郎先生、中曽根康隆先生、鈴木英敬先生、勝目康先生、塩崎彰久先生)にご参加いただきつつ、先進的農業をめざす気鋭の企業の方々(SBプレイヤーズ、たねまき常総、戸田建設、イノチオアグリ、アグリメディア)にもお集り頂いての船出です。

元々は、朝比奈が経産省時代から大変お世話になっている齋藤健衆議院議員に、元農水大臣・元自民党農林部会長としてご講演頂く予定でしたが、本番3日前に急遽、法務大臣への就任が決まり、閣議との関係でご登壇が難しくなったので、齋藤先生のご紹介で、奥原元農林水産省事務次官にご登壇いただき基調講演をして頂きました。農業の現状や改革の必要性について、冷静かつ情熱的に、ファクトに基づいて素晴らしいお話を頂き、その後、SBプレイヤーズ、及び たねまき常総(同社孫会社)より、常総市での先端農業に関する取り組みをご紹介頂きました。

上記のとおりですが、若手の方々を中心とした国会議員や先進的な取組を進める農業事業者を中心に、20名を超える方々にご参加頂き、ご登壇者の熱のこもった講演に刺激され、講演後には、参加者間での活発な意見交換がなされました。時間が足りないということで、次回は開始時間を早めて行う予定です。本勉強会は、年度内に残り2回の開催を予定しています。

日本の農業の未来に向けて、少しでも意義ある場に出来るよう、一層努力して参ります。

 
戻る