政策支援・シンクタンク

2020年6月30日
軽井沢町主催の『22世紀風土フォーラム基本会議』にて朝比奈がファシリテーターに

6月24日(水)、
朝比奈が未来共創アドバイザーを務める軽井沢町主催の『22世紀風土フォーラム基本会議』にて、朝比奈がファシリテーターを務めました。

今年度は第3期の1年目であり、
新型コロナウイルス対策の中で県境をまたぐ移動が解除されたことを受け、
6月24日(水)に今年度第1回の基本会議を開催いたしました。

基本会議では、当日に互選により就任した新会長による今年度の方向性試案の発表を皮切りに、
ウィズ/アフターコロナを前提として、
どのようなテーマについて議論を進めていくか、闊達な議論がなされました。

2020年6月23日
越谷市の第1回にぎわい創出懇談会にて朝比奈がファシリテーターに

6月19日(金)、
朝比奈が都市政策アドバイザーを務める埼玉県越谷市の
第1回にぎわい創出懇談会にて朝比奈がファシリテーターを務めました。

この懇談会は、市民・利用者・有識者が集まり、
南越谷駅・新越谷駅近くにある複合施設「越谷サンシティ」の
再整備の方向性や機能などを議論するもので、今年度中に全5回開催予定となっています。

コロナの影響なども鑑み、越谷市の懇談会として
今回より初めてオンライン参加も可能という形で開催され、
数名の委員の方々がオンラインで参加をしてくださいました。

2020年6月12日
【プレスリリース】青山社中とBCGが業務提携

青山社中とBCGが業務提携
~ 省庁・自治体の政策立案機能を補完。新たな政策形成のあり方を目指す ~

 日本活性化のための人材育成や政策シンクタンクの事業を展開する青山社中株式会社は、この度、経営コンサルティングファームのボストン コンサルティング グループと、省庁・自治体向けの政策立案支援での連携等を目的に、業務提携することをお知らせいたします。

 過度な事務負担から政策立案業務に十分な時間が割けない省庁・自治体に対し、両社の協力の下、調査や政策立案に関するサービスを提供して参ります。この提携を通じ、日本社会における新たな政策形成のあり方を構築していくことを目指します。

▼詳細(プレスリリース)はこちら
 2020612_【プレスリリース】青山社中×BCG業務提携
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000031317.html

▼画像はこちら

業務提携イメージ

2020年5月22日
自民党のプロジェクトチーム「コロナを機に社会改革を目指すPT」にて朝比奈が講演

5月21日(木)、
自民党のプロジェクトチーム「コロナを機に社会改革を目指すPT」にて
オンラインで朝比奈が講演、その後熱い議論の場となりました。

主に
・これまでの日本のコロナ対応の整理
・すぐに日本がやらねばならないこと
・ウィズ・アフターコロナ時代の変化の予測
・中長期的に日本がやるべきこと
ということを、環境省の那須塩原移転案などを挙げながらお話いたしました。
 
貴重な機会をありがとうございました。

 

2020年5月11日
「品川区議会 自民・無所属・子ども未来会派」の新型コロナウイルス対策支援一覧を作成

青山社中の政策支援チームが
品川区議会 自民・無所属・子ども未来会派の会派広報誌臨時号として、
「品川区議会 自民・無所属・子ども未来会派」の新型コロナウイルス対策支援一覧の作成支援を行い、先日公開されました。

現在までの新型コロナウイルスに対する支援策をより分かり易く、
より多くの方に活用していただきたいと思いから制度一覧のチラシが作成されております。

ぜひ、ご覧ください。

■会派広報誌臨時号 新型コロナウイルス対策一覧 詳細ページはこちら

政策支援担当の竹内が北海道大学公共政策大学院の公共政策学研究センター研究員に就任

政策支援担当の竹内が2020年4月より
北海道大学公共政策大学院、公共政策学研究センターの「公共政策学研究センター研究員」に就任しました。

サイトはこちら

※公共政策大学院に附属して設置された公共政策学研究センターは、大学院(公共政策学連携研究部)における研究推進の要として、様々な研究活動やプロジェクトを展開しています。

2020年2月26日
南越谷駅・新越谷駅周辺地域にぎわい創出懇談会報告書が公開

南越谷駅・新越谷駅周辺地域の多様な機能の集積による新たなにぎわいの創出とともに、周辺地域を含めた魅力あるまちづくりを進めるため、平成31年(2019年)3月に設置された「南越谷駅・新越谷駅周辺地域にぎわい創出懇談会」において4回にわたる会議で意見が出され、先般『にぎわい創出懇談会』の報告書が公開されました。

▼にぎわい創出懇談会
https://www.city.koshigaya.saitama.jp/smph/kurashi_shisei/shisei/keikaku/kakushukeikaku/shisei/nankoshisyuhen/nigiwaikondan/index.html

▼南越谷駅・新越谷駅周辺地域にぎわい創出懇談会報告書
https://www.city.koshigaya.saitama.jp/kurashi_shisei/shisei/keikaku/kakushukeikaku/shisei/nankoshisyuhen/nigiwaikondan/nigiwaisousyutsuhoukokusyo.files/kondankai_houkokusyo.pdf

※朝比奈が都市政策アドバイザー並びに本懇談会の副座長を務めております。

2020年2月19日
那須塩原駅周辺まちづくりに関する報告書が公開

市長政策マニフェスト(公約事業)の1事業である「那須塩原駅周辺まちづくりビジョン策定事業」において、那須塩原駅周辺まちづくりにおける方向性を明らかにするため実施していた『有識者会議』の報告書が公開されました。

▼那須塩原駅周辺まちづくりビジョン
http://www.city.nasushiobara.lg.jp/01/20191010.html

▼那須塩原駅周辺まちづくりに関する報告書
http://www.city.nasushiobara.lg.jp/01/documents/houkokusyo.pdf

朝比奈も本会議のコーディネーターを務めております。

2020年1月22日
墨田区議会にて公共調達基本条例と町会・自治体振興条例の起案作業を支援

墨田区議会自由民主党政策調査部会において、
・公共調達基本条例(公契約を含む)
・町会・自治会振興条例
の条例起案作業を支援しました。

本件について、墨田区議会議員 佐藤あつし氏のHPにも掲載いただいております。

(以下、佐藤氏HPより)
公共調達基本条例(公契約を含む)の制定 進行中
 自治体による調達は、自治体ができる唯一の経済対策です。このような観点から、競争原理を維持しつつ、区内産業育成につながる公共調達基本条例を制定します。また、下請け企業にもフェアな賃金を供給し、労働環境を改善するため、公契約条例も併せて制定します。
 政策シンクタンク青山社中株式会社と協働し、墨田区議会自由民主党政策調査部会において条例起案作業を完了しました(2019年8月29日現在)。

町会・自治会振興条例の制定 進行中
 地域コミュニティの核となる町会・自治会の自己改革を促し、時代に合ったものにしていくことで、新規参入を目指す、町会・自治会振興条例を制定します。
 政策シンクタンク青山社中株式会社と協働し、墨田区議会自由民主党政策調査部会において条例起案作業を完了しました(2019年9月26日現在)。

Publink運営の官民連携サロンにて共同代表COO森原が講師を担当

12月6日(金)、
官民連携によるオープンイノベーションのコンサルティング・イベント企画を展開する株式会社Publink様が運営するコミュニティ「官民連携サロン」にて共同代表COOの森原が講義を行いました。

テーマは『官民共創と政策決定プロセス』

・政策が作られるまでの過程
・官民共創のポイント
を中心にお話させていただきました。

関東若手市議会議員の会政策部会研修にて共同代表COO森原が講師を担当

7月31日(水)に、
関東若手市議会議員の会政策部会研修にて、
共同代表COOの森原が講義を行いました。

当日は若手の区議会議員や市議会議員を中心に
約30名の方にご参加いただきました。

当日の講義テーマは『法令の読み方・作り方』

受講生の方からは
「1期目の目標は議員提案条例の制定にします!」
といったお声もいただきました。

2018年11月10日
沼田市関係者と共に中国訪問

【「日本と世界をつなぐ会」の活動の一環として中国訪問】
先日、沼田市長をはじめとした行政及び商工会議所のメンバーとご一緒し、中国成都市及び江油市を訪問しました。

成都市では今後の物産展やインバウンド強化を見据え、現地の日系企業や現地旅行会社等と協議を行いました。
また、江油市では先方からの招待を受け、世界各国の自治体との交流や李白に関する文化イベントへ出席、友好を深めてまいりました。

2018年6月21日
参議院自民党「国家ビジョン」策定をサポート
現在の日本は、少子高齢化(人口構造変化)、経済・産業のグローバル化・デジタル化(価値構造変化)に直面し、長年にわたり築かれた中産階級社会が瓦解する危機に瀕しています
 
一方で、冷戦後の「自由で開かれた国際秩序」が終わりを迎え、かつてない安全保障上のリスクに晒される中、新たなルールで進む国際政治に対応する必要にも迫られています。
 
こうした内外の環境変化を踏まえ、参議院自民党政策審議会(会長: 武見敬三議員)では、我が国の中長期での新たな政策方針として、
 
「内政国家ビジョン」(担当: 片山さつき議員)
  
「外交国家ビジョン」(担当: 山本一太議員)
 
を取りまとめられました。
 
プロジェクトレポートでは、「活力持続型の健康長寿社会」(内政)、「多次元統合型安全保障」(外交)の構築を目指すことが提言されています。
 
青山社中では、政策審議会のご依頼を受け、両ビジョンの策定プロジェクトを約半年にわたりご支援して参りました。
2018年5月23日
兵庫県西宮市の石井市長が来社

弊社でマニフェストの作成など、選挙サポートを行った西宮市の石井登志郎市長が来社しました。4月15日より正式に市長となり「西宮の信頼、積み重ねていきたい」と思いを新たにご活躍されています。

横浜市旭区を青山社中関係者で訪問

高齢化が進む団地、要支援家庭の子が多く通う保育園などを訪問させて頂き現場の方々と意見交換。厳しい中でも前向きにチャレンジする方々に勉強させて頂きました。

最後は区長ほか職員の皆様と懇親会を行いとても有意義な1日となりました。アレンジして下さった関係者の方々に感謝致します。

大樹総研グループ主催の「先進自治創造ネットワーク第二回会合」に後援

地方議員(候補者含む)や地域活性化リーダーが集い、交流する大樹総研グループ主催のイベントが行われ、青山社中が後援しました。
 
上山信一先生から「これからの行政経営-デジタル化、コンセッション、ガバナンス改革」と題してご講演頂き、下記お二人の官僚、財務省:主計局総務課長 青木氏、総務省:地域政策課長 村手氏を交えてのディスカッションを行いました。

新しい霞ヶ関を創る若手の会(プロジェクトK)の初期メンバーから当選した国会議員の祝賀会を開催

10月の総選挙で朝比奈が初代代表を務めていた「新しい霞ヶ関を創る若手の会(プロジェクトK)」の初期メンバーから、3名の国会議員が誕生し、先日、当時や現役のメンバーで祝賀会を開催しました。

また、青山社中リーダーシップ公共政策学校からも1名、国会議員が誕生しました。

青山社中リーダー塾、リーダーシップ公共政策学校などでの真の仲間作りや、リーダー塾政策研究会での地道な議論などを通してしっかりと考え抜いた政策集、の二つを政治・政党の基本として、今後とも取り組みを進めて行きたいと思います。

1 2