ニュースリリース

青山社中リーダー塾合同クラスを開催、6期生の座学編が終了しました。

2月25日(土)に東京大学大学院法学政治学研究科教授の五百旗頭薫先生をお招きし、講義いただきました。「日本で創る秩序と野党とムラ~三人の始導者~」という演題で、明治時代の混沌の中で「世論」という新しい秩序を創った福地桜痴などを題材に議論しました。

 

「始めて」「導く」人がいて、新たな歴史は創られていく一方、様々なリスクも生じること、そして過去の先人から教訓を得ることは、物事を始める上で非常に有効な準備になり得ることを改めて学びました。

 

また、今年度、青山社中リーダー塾6期生の座学編が終了しました。リーダーシップの理論から、伝記、国家の盛衰、政治思想、経済思想、東洋思想、文化・文明論、政策論まで70回に及ぶ講義を終え、次は4年間の実践編がスタートします。1年間で培った教養を土台に、さらなる飛躍を期待しています。