ニュースリリース

7/29(水)青山社中フォーラムVol.50にて三重県 鈴木英敬知事がご登壇

7月29日(水)、
記念すべき50回を迎える「青山社中フォーラム」で、
全国知事会地方創生対策本部長、三重県 鈴木 英敬知事をお招きし、
「地方創生のキーファクターは”一極集中リスクの軽減” 
   ~コロナ対応の「みえモデル」から考える~」をテーマにご講演いただきました。

今回は会の冒頭で小泉環境大臣もオンラインでご祝辞をいただき、
官民の橋渡し役として広くネットワークを持つ
青山社中や朝比奈への期待や激励のメッセージを頂戴しました。

また鈴木知事のご講話は、
全国告知事会 地方創生対策本部 本部長としてのお話、
そしてコロナによる”命”と” 経済”の両立をめざす「みえモデル」についてのお話をはじめ、
現場で、そして最前線で官民一体となって取り組む
具体的な事例などを織り交ぜていただいたことで、
本当に1時間と思えないほど内容の濃いものでした。

参加者の皆さまからもご紹介しきれない程多くのご質問をいただいたほか、
事後アンケートでは、
「知事のお話が素晴らしく、現実的かつ創造的で未来に期待が持てた」
「コロナ対策、市・町長及び民間との日頃からの関係づくりの実行力に驚かされた」
など、様々な熱のあるご感想が寄せられました。

今回のフォーラムは、当初リアルとオンラインの実施予定でしたが、
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、急遽オンライン開催のみに。
ご理解をいただきたきました皆さまにこの場を借りて御礼申し上げます。