青山社中リーダー塾 活動報告


リーダー塾 活動報告(一例)

青山社中リーダー塾では通常講義以外に塾生たちが自主的な活動を行っています。
NPOの立ち上げや、読書会や勉強会など真面目なものから、BBQやハロウィンパーティなど多種多様です。
社会人・学生関係なく、色んな業種・立場の人間が「同志」として、濃密な時間を過ごすことにより、様々な化学反応が起こっています。

弊社の2つの行動原理でもある、PSR(Personal Social Responsibility)とM&A(みんなでアクション!)の考え方を元に、塾生たちの活動の輪がますます広がっています。

塾生の最新活動はリーダー塾オフィシャルfacebookページをご確認ください

  • NPO法人「地域から国を変える会」

    2011年12月17日発足

    塾生有志が中心となり結成した地域活性を実践するNPO法人。自治体や地域住民と共に施策を練り上げ、共に実践。成功事例を同様の問題を抱える他地域に展開し、究極的には日本全体の活性化を目指します。新潟県三条市と栃木県那須塩原市の案件が進行中。オリジナルプログラム・DAC(ディスカッション、アクション、クリエーションの頭文字)を通じ、地域の方とワークショップをアクションに変えるべく活動しています。

    web-site

  • ブレスト!朝から社中会

    毎週1回

    火曜クラス19:30-22:40 土曜クラス10:30-12:40

    カエサルや坂本龍馬など歴史を動かした人物のリーダーシップを学んだ後、国家盛衰や文明論、組織改革などについて学びながら、日本の行方を考えます。

  • 読書会

    毎月1回

    毎回の講義の参考文献等を読むことで講義内容をより理解し、自らの考えを論文で発表することなどを目的とする、塾生の自主的な読書会です。テーマは、「カエサル」「渋沢栄一」などの伝記から「社会契約論」「失敗の本質」など広く扱っています。

  • 政策マーケティング研究会

    毎月1回

    塾生の一人が立ち上げた研究会。日本が現在置かれている状況と課題を長期的な視点で整理し、今後取るべき国家戦略を専門家に提示していただきます。講師としては、中川秀直氏(衆議院議員議員)、江口克彦氏(参議院議員)、北原茂実氏(医療法人社団 KNI 理事長)などそうそうたる方にお越しいただいています。(写真は中川秀直氏)

  • 被災地ボランティア

    2011年7月16~18日 岩手県陸前高田市にて

    塾生14名と朝比奈塾頭が、被災地のがれき処理などに参加。現地でボランティアをコーディネートする「まごころネット」や、被災地支援に際し絶大なリーダーシップを発揮した遠野市の本田敏秋市長との面会も実現。被災地におけるリーダーシップのあり方について学んできました。

  • 外交・安全保障勉強会「地政学から見た日本」

    2011年7月23日

    元自衛隊員の塾生が、日本の国家外交・安全保障について問題提起。 「日本はどのような国家であるのか」(例えば海洋国家、通商貿易国家等であるのか)、「日本はどのような外交を実施するべきか」について議論しました。

  • 青山社中リーダー塾・道州制共催ディスカッション

    2011年8月6日

    一新塾の卒塾生などで構成され、道州制の啓蒙活動を行う「道州制.com」と討論会を開催。「東北州であればどう災害復興するか」をテーマに、リーダー塾の講義で学んだ「リーダーシップのあり方」を現場行政に生かす方法について議論を行いました。

  • 第2回 外交・安全保障勉強会

    2011年8月27日

    午前の部 「日本の海洋戦略と中国の海洋進出」

    古澤忠彦ユーラシア21研究所研究員(元海上自衛隊 海将)をお呼びし、日本の海洋防衛をベースに、中国に対する対応から日米同盟に対する今後の考え方まで古澤氏の実体験も交えてうかがいました。質疑応答の時間には日本の防衛体制・東日本大震災時に露呈した危機管理体制の構造的欠陥について活発な 議論が交わされました。

  • 第2回 外交・安全保障勉強会

    2011年8月27日

    午後の部「現在の日米安保体制の整理と今後の日本の安保体制30年の考察」

    佐橋亮神奈川大学准教授、及び外務省北米局の課長補佐をお呼びし、日米安保をベースとした日米防衛協力の現状、普天間基地移設問題、今後予想される東アジア地域のパワーシフトに至るまで、日本を巡る安全保障保障上の論点整理を行いました。また日本のリーダーに求められる資質についても議論が及びました。

  • 合宿

    毎年

    塾生の自主企画で毎年実施されている合宿。2013年は9月に1期生・2期生・3期生合同で実施しました。外部から講師を招いた勉強会の他、塾生の今後の自主活動のブレスト。人生設計シートを用いて、参加者が自分の人生をどのように創っていくかなどを議論しました。議論も飲み会も大いに盛り上がり、また、塾生同士の繋がりもより一層密になり、塾生の自主活動で新しいプロジェクトが次々と生まれています。

  • 海上自衛隊幹部学校訪問

    2012年11月

    有志で海上自衛隊幹部学校を訪問。
    施設の見学や海自の現状、教育訓練態勢等、広範な分野にわたり海上自衛隊幹部学校の方々と活発な意見交換をさせていただきました。

  • 人生プランニングセッション

    2011年12月3日

    塾生同士が夢や志を共有し、今後、共にアクションを起こすきっかけをつくることを目的に開催したセッション。これまでの人生での経験、人生において重視している価値観、将来の方向性についてなど、ワークシートを用いながら、議論・フィートバックを行いました。

  • 渋沢記念館訪問

    2012年1月14日

    渋沢栄一氏の玄孫・渋澤健氏から招待を受け、飛鳥山にある記念館を訪問。「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一氏について、展示や渋澤健氏の講義を通して学び、今後の世の中の在り方、その中でリーダーとして何を考えるべきか深い示唆を得る機会を得ました。

  • 教育に関する勉強会「世界で戦える人材になるには」 

    2012年2月4日

    自己成長力を向上させる独自の教育理論と指導方法で有名な羽根拓也氏(アクティブラーニング社)をお招きし、勉強会を開催。日米の学習方式の比較や、茶道や剣道の世界で大切にされている、学びを自分のものにしていく概念「守・破・離」などについて、わかりやすくお話しいただきました。