青山社中リーダー塾 開催概要

1.目的

「国や社会のことを考え、変革に向けた行動を起こすことができる人材を育成する」

-日本が停滞する中、独自の視点で様々な挑戦をする人材

-グローバル化する社会の中、日本の立ち位置をしっかりと意識できる人材

2.期間

2017年5月~2018年3月(座学編)

2018年4月~2022年3月(実践編)

3.場所

青山社中株式会社 会議室

東京都港区南青山2-19-3 サザンキャッスルビル2F

4.受講料

100万円(5年分)(初年度50万円×2回払い)(※税別)

※内訳…入塾金:20万円、座学編:60万円、実践編(2年目以降もゲスト講師による合同クラス聴講可):20万円(5万円×4年)

※奨学金制度あり(詳細は説明会等でご確認ください)

5.対象

原則 35歳以下の日本在住者(日本語で「話す・聞く・読む・書く」ことができる者)

※あくまでも原則であり、実際には35歳以上の方も参加実績あり

※日本語で「話す・聞く・読む・書く」ことができる者

6.人数

1クラスを予定(土曜クラス12名を予定)

7.特色

「魂に火をつける」

  1. 若手が若手を教える
    自ら活動中の塾頭が、一人一人の個性を引き出す教育(educateの原義)
  2. 師弟が一体となって経験を共有・ディスカッション
    松下村塾の「相労役」を意識。車座となった議論
  3. 基本的に1人による教育(青山社中筆頭代表の朝比奈一郎)
    松下村塾の吉田松陰、古代ローマ人の家庭教師などにならい、1人が責任をもって教える教育(魂が伝わる教育)を意識。網羅性よりも伝達力。合同クラス・青山社中フォーラムでは各界からゲスト。
  4. 少人数制(12名前後)による横のつながりも重視
    塾生同士の自発的なディスカッションを促し、同志意識を醸成
  5. 受信だけでなく発信を重視した教育
    教育議論を重視。塾生ページ等を活用した論文の発表等を後押し

8.達成目標

以下の3つの能力をつけること

  1. 時代の流れや世界の動きを自分なりに見定める能力
  2. 自分の人生のあり方を見定める能力
  3. 物事を変革するべく挑戦する能力

9.塾生特典

塾生期間(5年間)中の青山社中フォーラムへの無料参加

(過去のゲスト(一部、五十音順) : 安倍晋三氏、稲田朋美氏、岡田克也氏、黒岩祐治神奈川県知事、世耕弘成官房副長官、田中均元外務審議官、樋渡啓裕武雄市長、松本大マネックスグループCEOなど)

10.入塾までの流れ

(1)入塾選考への申込み 申込みサイトよりお申込みができます。
入塾志願の条件ではありませんが、是非、下記の無料説明会にお越しください。
(2)書類締切り 提出書類:願書・1000字程度の志望動機のエッセイなど
2017年4月16日(日)
(3)書類選考 2017年4月17日(月)~2017年4月21日(金)
(4)選抜面接 2017年4月22日(土)~2017年4月26日(水)
(5)選考結果連絡 2017年5月1日(月)
(6)振込み期限 2017年5月10日(水)
(7)初回講義 土曜クラス 2017年5月20日(土)