ニュースリリース

【青山社中フォーラム・満員御礼!!】8月29日の國定勇人氏(新潟県三条市長)の講演(共催:「NPO法人地域から国を変える会」)

 8月29日の青山社中フォーラムは、超満員御礼の盛況の中、新潟県三条市長・國定勇人氏にご自身の中央政府時代(総務省)の職務経験を踏まえ、地方自治体の長としての職務の特徴や心がけなどについて、具体的エピソードを交えてご講演頂きました。 平成18年に当時34歳で全国最年少市長として当選以来8年間の在任期間中で市の活性化政策を次々と実現(例えば、小中学校一貫体制の推進・高齢者の健康増進を目指すスマートウェルネス・学校給食の完全米飯実施と牛乳提供の撤廃など)させてきた國定市長の市政に真摯に向き合う姿に触れ、会場を埋め尽くした参加者とのディスカッションも活発に行われ、大盛況のうちに幕を閉じました。また、講演内で少し触れて頂いたように、國定市長と霞ヶ関同期入省である弊社代表・朝比奈の三条市経済活性アドバイザー職としての取組みについても、國定市長の目指すべき市政実現の後押しになるよう進めて参りますので、今後とも是非一層ご期待下さい。
國定市長3
【國定勇人氏(新潟県三条市長)略歴】平成18年に新潟県三条市長に当時全国最年少市長として当選、小中学校一貫体制、スマートウェルネスの推進、三条マルシェの開催など幅広い自治体経営をされております。略歴:平成9年3月 一橋大学商学部卒業平成9年4月 郵政省(現総務省)入省 大臣官房総務課審議室、総務省情報通信政策局地域通信振興課課長補佐などを経て、平成18年11月三条市長就任(当時全国最年少市長)平成22年11月より2期目就任。