青山社中フォーラム

「青山社中フォーラム」は、青山社中が将来の日本を創るキーパーソンをお招きして開催する人気講演会です。これまで、以下のとおりフォーラムを開催し、毎回ご好評を頂いています。

青山社中リーダー塾の塾生は無料でご参加いただけます。

2019年2月2日
1/16(水)青山社中フォーラムVol.44にて小泉進次郎氏が登壇 

44回目を迎えた青山社中フォーラムで、「人生100年時代の社会保障」というテーマで小泉進次郎氏にご登壇いただきました。 
日本を企業としてとらえた際に「第二創業」という気概で改革を進めなければならない、という小泉氏の一言に始まり、「将来の日本人から感謝されるような、新たな社会保障基盤を作ることが必要」と、これからの世の中を見据え、人生100年時代の基盤づくり、今後の社会、年金、保険、医療、教育など、話題は多岐にわたりました。 
当日は急遽、波紋が広がっている厚労省の毎月勤労統計調査問題に関しても朝比奈との対談の時間が設けられ、今回の問題を矮小化させず、むしろこれをきっかけにいかに改革を進めるのか、という観点での議論がなされました。 
また、白熱した質疑応答を受けて、人生100年時代への変化に向け「何が社会として共有できる価値なのか議論していきたい」と、今後の展望を熱く語るお姿が印象的でした。 
  
アンケートでは、 
● 話し方だけじゃなくて中身が本当に詰まっていた。政党の話じゃなくて日本の話をしていた。だから分かり易かったし面白かった! 
● 特に自民党や氏を支持するわけではありませんが、根深い年齢差別や死に方ばかり注目されがちな風潮の中、「人生100年時代」だからこそ好きな仕事を長くできることが重要、という提案は清々しく、とても共感しました! 
● 「高度経済成長期とは異なる人生モデルを作り上げる。その為、政治家として今は感謝されなくても将来の日本の為に全力を注ぐ」というメッセージが印象的でした。 
● シルバー民主主義で、社会保障の改革を踏みとどまる傾向の中、若者への情報伝達力がある小泉氏には、合理的でスムーズな改革ができると期待しています。 
など、非常に多くの声が寄せられました。 
  
今回は、社会保障制度を切り口にどのような日本を描いていくのか、を会場の皆様と一緒に考える機会となりましたが、青山社中では引き続き、政策シンクタンクという母体を活かして、様々な形と角度から学びと実践の場を、志ある方々にご提供する所存です。 
  
今後ログミーなどのメディアで記事化もされますので、弊社Facebookページなどで改めてご案内差し上げます。 

2018年12月25日
青山社中フォーラムvol.44 1/16 青山社中フォーラムvol.44

 

※お陰さまで満席となりました。たくさんのご応募ありがとうございました。

年明けの2019年1月16日、44回目となる青山社中フォーラムを開催いたします。

今回の青山社中フォーラムでは、これまで子ども保険の提唱や超党派による国会改革の推進などリーダーシップを発揮して様々なチャレンジを行ってこられた、自由民主党厚生労働部会長・衆議院議員の小泉進次郎氏をお迎えして、人生100年時代を迎える中、社会保障制度を切り口にどのような日本を描いていくのか、お話しいただきます。

 本フォーラム参加を通じて若手・中堅の皆さんが次の一手を構想し、歩んでいくための示唆を得られるよう準備しております。

当日のプログラム詳細

■開催日時:2019年 1月 16日(水)  開場19:00 開演19時30分 閉会21:00 
■開催会場:PLANTEC(東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル9階)
     ※地下鉄 麹町駅から徒歩5分、地下鉄永田町駅から徒歩8分

■参加費:3,000円(青山社中後援隊メンバーは1,500円、割引コード別途送付)
※1/15(火)以降のキャンセルは返金不可となります。コンビニ・ATMでチケットを購入してキャンセルした場合、またクレジットカードで購入して支払日から50日以上経過した場合は500円の返金手数料が発生します。

■対 象:若手ビジネスパーソン、次世代リーダー、大学・大学院生
■定 員:100名
■主 催: 青山社中株式会社

■タイムテーブル
19時00分 受付開始
19時30分 開会 
19時35分 ご講演
20時30分 質疑応答
20時55分 クロージング
21時00分 閉会

ご登壇者プロフィール

小泉進次郎氏
[経歴]
昭和63年4月 関東学院六浦小学校入学、以来中学・高校・大学と関東学院で過ごす
平成16年3月 関東学院大学経済学部卒業
平成18年5月 米国コロンビア大学大学院政治学部修士号取得
平成18年6月 米国戦略国際問題研究所(CSIS)研究員
平成19年9月 衆議院議員小泉純一郎秘書
平成20年10月 自由民主党神奈川県第11選挙区支部長
平成21年8月 衆議院議員
平成25年9月 内閣府大臣政務官・復興大臣政務官
平成27年10月 自民党 農林部会長
平成29年8月 自民党 筆頭副幹事長
平成30年10月 自民党 厚生労働部会長

2018年7月30日
第43回 まち・ひと・しごと創生本部地方創生総括官 山崎史郎 氏による講演会を開催(2018/8/8)

厚生労働省へご入省後、介護保険法の成立から改正に携り、その後は内閣総理大臣秘書官や地方創生総括官を歴任されるなど、日本社会の喫緊の課題に立ち向かう司令塔としてのご活躍をされてきた山崎氏に人口減少問題や社会保障制度等をテーマにお話し頂きました。

2018年6月30日
第42回 (株)イトーヨーカ堂 代表取締役社長 三枝富博 氏による講演会を開催(2018/6/27)

イトーヨーカ堂の社員として海外店舗の立ち上げのため、中国四川省の省都である成都市に出向され、その後約20年間に渡り、同地に骨を埋める覚悟で「地域に密着したビジネス」や「社員の育成」を大切にしながら、繰り返される反日デモにも負けず、同地のトップとして店舗の拡大を進めてこられた三枝氏をお招きしてご講演を頂きました。

「現場に足を運び、気づいて行動すること」「顧客のニーズの変化を読み、組織として常に対応し続けること」など、三枝様の体験に基づいたイトーヨーカドーの経営理念や人材育成等の講演内容は示唆に富んでおり、とても力強いメッセージであり、参加者一同、今後のアクションを起こしていく上で、非常に胸を打たれる内容でした。

 

2018年3月27日
第41回 青山社中フォーラム 「安定か?挑戦か?リスクを取ったリーダーたちの成長戦略」を開催

青山社中リーダー塾の主催で、大企業を飛び出してHR領域に革命を起こそうとするビズリーチの南社長、官庁を飛び出して政治家として挑戦する小林議員、起業家として政策シンクタンクを作った青山社中の朝比奈の3者に参加者も交えて、対談を行いました。

 
登壇者からは「世の中の構造を把握し、成長する市場に身を置くこと」「リスクや不確実性を要素分解して勇気を持った判断・決断をしていくこと」「歴史やリベラルアーツを学ぶこと」など、登壇者のこれまでの体験を元にしたリーダーとしての哲学やチャレンジするためのコツをお話頂きました。
 
2018年2月23日
第40回 末松弥奈子 ジャパンタイムズ代表取締役会長による講演会(2018/2/23)
末松弥奈子 ジャパンタイムズ代表取締役会長に青山社中フォーラムに登壇頂きました。
 
ジャパンタイムズの買収の背景、メディアの役割、買収後の経営方針などについて語って頂ました。
 
参加者からは「ジャパンタイムズの重要な役割がよくわかった」「買収後の経営方針の変革について大変参考になった」などの好評を頂きました。
2017年11月22日
第39回 自民党政務調査会長 前外務大臣 岸田文雄 氏による講演会(2017/11/21)
岸田文雄 自民党政務調査会長 前外務大臣 に青山社中フォーラムに登壇頂きました。
 
歴代第2位の在任期間を誇る外務大臣として、これまでのアジア諸国を中心とする外交の経験について、また政調会長として、節目である2019年以降に日本が立ち向かうべき課題などについて語って頂きました。
 
参加者からは「外交や日本の今後のあり方について改めて考えさせられた」「岸田政調会長の雰囲気を直接感じることができた」などの好評を頂きました。
2017年10月24日
第38回 千葉市長 熊谷俊人 氏による講演会(2017/10/17)
熊谷俊人 千葉市長に青山社中フォーラムに登壇頂きました。
 
千葉市長の立場から「千葉市政改革 ~市政から日本を変える~ 」というテーマで千葉市の課題、市民との対話を通じた変革のプロセス、行政の新しい姿などについて語って頂きました。
 
参加者からは「本質を突く話で分かりやすかった」「企業経営にも活かせる政治の話が多く、非常に参考になった」などの声を頂きました。
2017年6月23日
第37回 東洋大学国際学部 グローバルイノベーション学科 教授 横江 公美 氏による 講演会 (2017/6/27)

元ヘリテージ財団 上席研究員の横江公美 氏をお招きし、今後のアメリカの姿について、お話を頂きました。 

ミレニアル世代の意見を体現したオバマ大統領やその功績、ヒラリーが読めずトランプが読めていた時世、トランプ政権の人事の意図や他国との外交関係など、日本メディアでは報道されないような視点を沢山頂きました。

アメリカを政治を理解するために参考になる「アメリカを変えたM世代」「崩壊するアメリカ トランプ大統領で世界は発狂する」などの本も参考にご紹介いただきました。

2017年3月13日
第36回 東京大改革のブレーン 慶應義塾大学総合政策学部教授 上山信一氏による講演会 (2017/3/31)

これまでの大阪の改革やこれからの東京の都市経営について、事実を基に課題を浮き彫りにしつつ、進むべき方向性について様々な視点からお話を頂き、大変勉強になりました。

 

多くの人が関心を持つ日本の二大都市について戦略的に改革を進められる際の、上山様の考え方などに、青山社中リーダー塾生や参加者一同、非常に感銘を受けている様子でした。

2016年12月22日
第35回 映画プロデューサー・小説家 川村元気 氏による講演会 (2017/1/17)

「面白さの『発見』組み合わせの『発明」」というテーマで、企画するということ、発見・発明するということの要素を考える良い契機になり、とても良い学びの機会となりました。「君の名は。」や「バクマン。」という映画、また「世界から猫が消えたなら」や「億男」という小説などの具体例を用いて、ヒットの裏側にある背景をご説明頂きました。

質疑応答では参加者から川村氏への率直な質問が次々と出て、非常に盛り上がりました。

2016年9月25日
第33回 総務大臣 高市早苗氏 講演会 (2016/9/20)
第一部では、高市早苗 総務大臣 より地域経済好循環の拡大、ICTの国際展開、有事の際のリスクの最小化など、省庁を横断する大局的な視野で、日本の課題解決のための取り組みについてお話を頂きました。
 
第二部では、環境省、藤沢市議会議員、NPO法人フュージョン長池、日本オラクルで活躍されている4名の青山社中リーダーシップ公共政策学校の卒業生により、リーダーシップと公共政策を学ぶ意味についてパネルディスカッションを行いました。 
 
本企画がこれからの日本の未来を自ら作り上げていく、若手世代の意識を喚起し、アクションを促す一助となれば幸いです。次回の青山社中フォーラムもどうぞ楽しみにお待ち下さい。
2016年7月29日
第32回 厚生労働大臣 塩崎恭久による講演会(2016/7/28)
青山社中フォーラムVol.32 厚生労働大臣 衆議院議員の塩崎恭久氏による講演会を開催しました。

厚生労働大臣というリーダーの立場から、医療、社会保障、働き方改革、経済など、様々な分野における課題に対する政策などについて、持論を情熱的に語って頂きました。参加者は100名を超え、大盛況でした。

2016年3月31日
第30回 キャリア形成コンサルタント 伊賀泰代氏 講演会 (2016/3/29)

キャリア形成コンサルタントの伊賀泰代さんをお迎えし、「人生を切り拓くリーダーシップの本質と身に付け方」をテーマにご講演頂きました。

リーダーシップは「全員に必要で、学ぶことができ、日常的に発揮するものである」という定義など、リーダーシップの概念について非常に分かりやすくお話頂きました。

また、成果目標を目指してリーダーシップを発揮し、スキルを上達させていくことで「誰もがリーダーになることができる」というお話は、多くの参加者にとって今後アクションを促すきっかけになったと思います。

 

 

2016年1月25日
第29回コモンズ投信株式会社 会長 渋澤 健 氏 講演会(2016/1/22)

コモンズ投信株式会社 会長の渋澤 健氏をお迎えし、ご講演頂きました。

今後の未来を拓いていく世代として「枠の内側に留まらない」ことの重要性を熱く語って頂きました。「論語と算盤」から渋沢栄一の言葉を現代でも普遍的に活用出来る概念として説明して頂くなど、大変示唆に富んだ講演でした。

2015年9月8日
第28回 年金積立金管理運用独立行政法人 理事兼CIO 水野弘道氏 講演会(2015/9/8)

年金積立金管理運用独立行政法人 理事兼CIO 水野弘道氏をお迎えし、ご講演頂きました。
水野氏の経験に基づいた「意思決定のプロセス」や「グローバル人材」に関するお話は、
非常にユニークかつ実践的であり、今後アクションを起こしていく上で、参考になる内容となり、
参加者からは全員、「講演内容について満足した」という回答を頂きました。

2015年6月11日
第27回 ハーバード大学 社会科学名誉教授 エズラ・F・ヴォーゲル氏 講演会(2015/6/11)

ハーバード大学 社会科学名誉教授のエズラ・F・ヴォーゲル氏をお迎えし、ご講演頂きました。

中国の歴史に始まり、中国の指導者である鄧小平と習近平の比較、日本の歴史問題への向き合い方など、を日本語で語って頂きました。参加者からは「日本を客観的な視点で捉えることができた」

「世界における中国の事情がよく理解できた」などの感想が寄せられました。参加者は50名を超え、大盛況な青山社中フォーラムとなりました。

1 2