コンサルティング

第12回軽井沢22世紀風土フォーラム基本会議に参加

50年、100年後の軽井沢のあり方を示したグランドデザインを基に将来の軽井沢について、住民と行政が共に考え行動する、まちづくり実践の場である「軽井沢22世紀風土フォーラム」に朝比奈が委員として参加しました。

軽井沢駅前の活性化策や住民の意見を活かしたまちづくりなどについて意見を交わしました。

朝比奈が妙高市の地域活性化アドバイザーに就任

4月より妙高市の総合計画策定における重点プロジェクト立ち上げの支援を行います。

妙高市は妙高戸隠連山国立公園に属し、広大なスキー場や妙高高原温泉郷が広がるなど、豊富な観光資源を有しています。

年間で10日間ほど妙高市を訪問し、主には中心市街地の活性化、インバウンドにおける富裕層の取り込み、RMO(行政機能を持ち地域をマネジメントする民間法人)の設立等をテーマに調査・方針策定を進めていきます。

「ぬまた起業塾」の開講に向けて沼田市を訪問

沼田市を訪問し、2015年に開設の起業したい人を応援するプログラムである「ぬまた起業塾」の今年度の開講に向けて起業塾生、行政、事業者の方々と意見交換を行いました。

 

市長が塾長、地元の経済団体のトップを顧問にして、沼田総掛かりで取り組みを進めており、ビジネスプランの作成、東京の企業訪問(楽天・電通・帝国データバンク・東武鉄道等)、卒塾後の塾生のネットワーク化、地元起業家の講演会など、コンテンツに工夫をしています。

 

沼田地域(川場村)の酒蔵として、大成功をおさめられている永井酒造では、日本の地域が大切にするべきこと、特に付加価値を高めるための工夫など、とても勉強になりました。

日本と世界をつなぐ会の総会を開催

青山社中リーダー塾の塾生が立ち上げた、日本の魅力を世界に発信し、新たな価値を創出することをミッションとしている同会で、今年度の活動報告と次年度の活動計画を共有する総会を実施しました。

自治体コンサル(視察、商談会、テストマーケティング、インバウンドなど)や物販などの事業をメインに引き続き活動していきます。

 

生駒市の魅力創造に向けた商工観光政策を提案

魅力創造アドバイザーを務める奈良県生駒市を訪問しました。

 

竹製品・茶文化、宝山寺・生駒大社など、「洗練された風情・文化のある住宅都市」という生駒市のアイデンティティを、海外の高所得者層にPRし、居住者・観光客の誘致や商品の販路開拓を狙うという戦略を提案し、行政及び市内の事業者と議論したり、ヒアリングを行ったりしました。

 

施策の実現に向けて、今後とも動いていきたいと思います。

 

群馬県沼田市の市長一行と成都視察を行いました。

沼田市の商品の販路開拓やインバウンド観光客誘致の可能性を探るため、成都を訪問しました。

成都伊藤洋華堂、四川省人民対外友好協会、CCEC(Centre for China-Europe Cooperation)、国旅四川国際旅行社、ABC Cooking、JETRO、方所書店などへ訪問し、意見交換を行いました。

今回の縁を大切にし、今後の沼田市と成都市間でのグローバル事業の推進に繋げていければと思います。

1/27 ぬまた起業塾の閉講式が行われました。

運営支援をしている「ぬまた起業塾」が、1/27(土)にビジネスプラン発表会・閉講式を実施し、第三期生が無事卒業いたしました。

【塾生によるビジネスプランの例】

・地域の食材つかったを郷土食の移動車販売ビジネス
・カフェビジネス
・フルーツの加工品販売ビジネス
・果樹園メディアビジネス

塾生考案のビジネスプランの中でも、優秀なプランに表彰を行いました。今後、更なる活躍に向けての支援を行政と共に実施していきたいと思います。

 

 

日中の架け橋として活躍されているメンバーで懇親会を行いました。

越境ECのプロジェクトを進めている成都イトーヨーカドーのメンバーを中心に、国会議員、商社、出版社、メーカー在籍者など、様々な分野で日中の架け橋として、ご活躍されている方々を招待して懇親会を行いました。
 
日中間の様々なテーマについて、各者の専門的知見を共有するなど、非常に盛り上がりました。今回の縁を大事に、グローバル事業の推進に繋げていければと思います。

 

「第3期ぬまた起業塾」で塾頭講話を実施

弊社で運営を務める群馬県沼田市の起業家養成塾「ぬまた起業塾」で塾頭である朝比奈が、「地域での企業のヒント」をテーマに講話を行いました。

第二期しただ塾~観光・アウトドアコースが開講

11月28日、10名の塾生を迎えて、滞在型職業訓練施設「第二期しただ塾~観光・アウトドアコース」が開講しました。

全国各地から移住した塾生が、廃校となった小学校を拠点とし、地域観光の学習をしながら三条市・下田地域で約4か月間生活をします。

初日は弊会事務局長・大山が、しただ塾卒塾後のアクションの視座となるべく、事業構想の方法論について講義を行いました。

日中リーダー会議のメンバーでイトーヨーカドーの三枝代表を訪問

 
日中リーダー会議は、日本と中国の次世代を担う30代~40代の約20名が毎年数回、未来志向のパートナーシップ構築を目的として交流を行っているコミュニティです。
 
朝比奈のアレンジで、イトーヨーカドー株式会社の三枝社長、また成都イトーヨーカドー双楠店を訪問し、話を伺いました。
 
三枝社長は20年程度、成都イトーヨーカドー代表としてご活躍され、外国人で唯一、成都市の名誉市民にもなるほど、店舗の売上や顧客との信頼関係構築などに、大きな功績を残しています。

生駒市の魅力創造に向けた視察・意見交換を実施

魅力創造アドバイザーを務める奈良県生駒市で、商工観光ビジョンを基に、地域アイデンティティを高める方向で「竹」「宝山寺」「竜田揚げ」の3つに着目し、戦略的方向性や連携パートナーについて提案し、市の幹部や民間の事業者内からヒアリング・意見交換を行いました。

三条市にて竜王戦を開催(青山社中が誘致に協力)

 
最強棋士を決する最高位の戦い第30期竜王戦七番勝負第四局が新潟県三条市の越後長野温泉「嵐渓荘」にて行われ、渡辺明竜王と羽生善治棋聖が対局を行いました。
 
三条市経済活性アドバイザーの朝比奈が、竹風駒が三条市にあることなどを受け、その話を日本将棋連盟に繋ぎ、三条市での開催を推薦するなどして、開催に協力しました。
 
國定市長のブログや会見でも弊社の取り組みについて触れて頂きました。
http://kifulog.shogi.or.jp/ryuou/2017/11/post-b995.html

ぬまた起業塾生が東京起業訪問を実施

弊社で運営を務める群馬県沼田市の起業家養成塾「第3期ぬまた起業塾」では、東京企業訪問を実施しました。商業施設・スカイツリータウン、電通、楽天の3社を訪問し、「モノの売り方・見せ方」の視座となる講義を現場の最前線にいる皆様からご教授いただきました。現在、具体的なビジネスプラン作成に入っている塾生にとって、大きな刺激になりました。

自民党群馬県連の依頼を受け「ぐんまブランド力強化に向けた政策提言」の作成に協力しました。

魅力度ランキングで全国最下位級に沈む群馬のブランド力向上などを目的に自民党県連が立ち上げた「タスクフォース」の構成県議らが9/8に大沢正明知事に政策提言を行いました。

「ぐんまブランド力強化タスクフォース」は山本一太県連会長の下で今年2月から群馬のブランド力強化をテーマに、有識者を招いた勉強会や県外視察を重ねてきており、タスクフォースのメンバーや有識者等の意見を取りまとめ、政策立案に青山社中が協力しました。

(1)これまでにないとがった県プロモーション動画を新たに制作(2)SNS(会員制交流サイト)で群馬をPRした県民を表彰(3)県庁内に動画発信スタジオを整備するなどの政策やSNSを活用しつつ、民間の発想を取り入れることを必要とし、「平成31年までにランキング40位入り」を目標としました。

<ぐんまブランド力強化に向けた政策提言はこちら>

概要版

本編

県連は今後、国に対しても、「ブランド力向上のための人材を紹介すること」などの提言をする予定で、県議会の特別委員会とも連携し、委員会でさらに良い政策提言になるよう練り上げていきます。

第11回軽井沢22世紀風土フォーラム基本会議に参加しました。

50年、100年後の軽井沢のあり方を示したグランドデザインを基に将来の軽井沢について、住民と行政が共に考え行動する、まちづくり実践の場である「軽井沢22世紀風土フォーラム」に朝比奈が委員として参加しました。

会議終了後にも軽井沢町都市デザイン室と一緒に今後の風土フォーラムのあり方や住民との協働の仕方などについて意見を交わしました。